カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター

発の格差・貧困ノー総行動煮4000人、築地守れ2400人2017/02/20 17:27


全労連と平和フォーラム、全労協などの総がかり行動は2月19日、初めて「格差・貧困ノーの社会」を掲げた総行動を東京・日比谷で開催し4000人が参加した。
主催者あいさつで、藤本氏(戦争させない1000人委員会)は、「差別や貧困がなくならないと、本当の平和は訪れない。連帯して頑張ろう」と訴えた。民進、共産、社民、自由党も野党共闘を訴えた。
今回の行動は、戦争法廃止とあわせ、格差・貧困打開への暮らし総行動の第一弾であり、平和と暮らしの2つの総がかり行動を両輪として、安倍政権対峙への運動体制を強めているのが注目される。


築地を守り、豊洲移転中止、食の安全を掲げた集会とデモが2月18日に築地で行われ、2400人が参加した。豊洲移転に備え新しく建設された市場建物で働く人に、デモの話をすると、「豊洲移転中止、がんばってください」の返事。手応えを感じる行動である。

トヨタの付加価値還元、日米トランプ政策にもクギ2017/02/15 22:14

春闘に大きな影響を与えるトヨタでは、17年3月期第3四半期決算報告によると、営業利益は1兆5554億円(前年比32・5%減)で、大幅の減益となっている。とこらが、原価改善は前期より20%増の3050億円と700億円も増やしている、その多くが下請価格値下げによるコスト削減の「お家芸カイゼン]の効果とされている。

自動車さお連の相原会長は、「個社の評価は避けたい」と述べた上で、付加価値の増加は否定しない。人が介在し、新工夫などからだ。しかし公平さを欠く取引は改めなければならない。手形決済、現金化、人材育成などが改善されたこと、中堅、中小の基盤強化なども見られる。付加価値を増やし、その循環へ運動を湯読めたい。世の中の先鞭を樹幹居っ科h島tt阿古とかなど是正市負けて場奈良内。自動車が昨年、先鞭をつけ広がっていることを多としたい。

また、春闘で米トランプ政策に悲観的にみると影響しかねない。日米首脳会議と2国間交渉で自動車として国内雇用のきづがつき事は問題だ。日米労働者賀ウイウイの関係になることを目指したい。

基幹労連の組合員意識、自民支持が民進党を上回る2017/02/11 16:40


基幹労連の組合員意識、自民支持が民進党を上回る

鉄鋼、造船などの基幹労連は2月8日、組合員意識調査を発表し、政党支持で「自民党支持者が民進党を上回つた」と報告した。参院選では組織内候補は落選している。今後の「産業・労働政策ビジョン」では第4次産業革命への「人材確保」「人への投資」を重視し、「金属産業のトップクラスの賃金水準」を確保する方針だ。

連合2017春闘で社会性重視2017/02/07 21:08


連合の2017春闘宣言集会が2月3日に開かれ、「社会的」な取り組みが重視されたのが特徴だ。神津会長は賃上げの「社会的波及」、自動車など金属労協の相原議長は「最大のセーフィチネットは安定した経済と社会」、中小の宮本JAM会長は「賃金の社会性」を強調した。
ものわかりのよい大手企業内組合の警鐘となるか。本気度が問われる。

違法解雇の金銭解決検討会で労使激突2017/01/31 17:02


違法解雇の金銭解決をめぐる厚労省の検討会が1月30日に開かれ、労働側は反対を表明し、労働弁護士は「使用者はバックペイ(賃金の後払い)や補償金なしに労働者を解雇できる」「経営者のモラルハザードを招く」と指摘。使用者側は導入に賛成し、激しい論議を展開した。

連合は300人が厚労省前で神津会長らが反対の集会を開いた。

埼玉でも衆議院選で区市民連合結成相次ぐ2017/01/29 20:46


埼玉では1月28日、衆院選小選挙区で野党共闘の統一候補を誕生させる区レベルの「市民連合」の結成総会が開かれている。大宮など5区の結成総会には共産、社民、自由党や民進市議、市民ら290人が参加し、共闘でアベ政権を退陣アピール。
埼玉では全15区のうち13区で市民連合などを結成させる方向だ。
ジャーナリストの青木理氏らが対談した。

トランプ支持離れも、経営側は賃上げ向き合う2017/01/13 21:45


2017新春労使幹部セミナーが1月12日に開かれた。主催は日本生産性本部。ANAの経営側は「政府の要請を受け、賃上げに正面から向きあう春闘になる」と述べた。

アメリカのトランプ大統領政策については、経済産業研究所の担当者が減税、インフラ投資は経済を押し上げるが、保護主義と移民規制の成長阻害と、分配政策の強化なき政策はトランプ離れを招く可能性があると、参考になる見解を述べた。

市民・4野党の新年大宣伝に2500人2017/01/08 17:55

市民・4野党の新春街頭大宣伝が1月7日、東京・新宿駅西口で行われ2500人が参加した。4野党とも選挙共闘・連携で安倍政権退陣を呼びかけ、駅前と歩道橋を埋めた参加者と「野党は共闘居等」のエールを交換した。市民、大学などの旗もなびいた。

2017連合、生産性本部で賃上げエール2017/01/07 12:03


2017新年。連合の新年交歓会では1・5日、神津会長が「今年はトリドシ、春闘デ賃上げをトリにイク」。民進党、社民党、自民党の二階幹事長、日銀の黒田総裁らも参加した。

1・6の日本生産性本部の新年互礼会では,茂木会長が「次世代に投資する社会」「付加価値の増大」「働き方改革」を提唱。全労生の相原議長はIOTなど第4次産業革命を見すえたベア春闘要求の新根拠を語った。

安倍外交 破綻と矛盾の2016年2016/12/30 17:19


安倍外交の破綻と矛盾を示した2016年だった。オバマからトランプに会ってはダメと言われた安倍は、ご機嫌伺いに真珠湾でオバマと会い、「不戦の誓い」。同行した稲葉は帰国すると戦争侵略者を神として祀る靖国神社に参拝し、安倍は戦争法を推進するペテンぶり。

日露交渉ではカネを貢いたが、島の返還はなし。総選挙の土産も無く、破綻のみが目立っている。