カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター

弁護団、労働法制改悪阻止1500人共同集会2017/12/10 21:45



労働法案改悪阻止を掲げ、日本労働弁護団は12月7日、東京日比谷で集会を開き約1500人が参加した。団体、政党あいさつもなく、個人参名の新たな試み。会場には全労留、連合産別、全労連産別の役員などが参加した。共産党、立憲、社民の議員も紹介された。会場は冬の隙間風。参加者は銀座デモを行った。

樹齢100年の明大通りプラタナッス守る教授連シンポ2017/11/11 16:55


樹齢100年の「明大通り」のプラタナス並木を守る明治大学の教授連合会のシンポジウムが11月10日に開かれた。千代田区が歩道拡幅と称して伐採しているが、これまでの並木街路樹アーケードを奪うもの。シンポでは農学部教授などが都市景観と街路樹をテーマに古代エジプトからパリ、「明大通り」など街路樹の歴史と未来を語り、存続を呼びかけた。

住民を含め区への署名と存続要請と署名賛同を呼びかけている。

安倍9条改憲阻止へ4万人国会包囲大行動2017/11/04 18:33


安倍9条改憲NOを掲げた国会包囲大行動が11・3に開かれ4万人が参加した。総選挙で改憲勢力が3分の2以上を占めた初の抗議代行動。全労連、平和フォラムなど労働組合員の参加が多い。5野党や韓国からもあいさつ。
全労連の小田川議長は多数の参加について、「3000万署名開始へ形になった。安倍9条改憲が現実化し、阻止へ向けた力の現れ。改憲勢力にも矛盾があり、市民と野党の共闘ではねかえせると感じを強めているのではないか」と指摘。
参加者は「9条改憲の対決がはつきし、たたかいやすくなった」との声も聞かれた。
主催は全国市民アクションと総がかり行動。

全労連総選挙結果で改憲安倍暴走政治反対共闘強化2017/10/25 14:39

全労連、総選挙結果は不十分であり、改憲安倍暴走反対へ共闘強化を

全労連は10月23日、総選挙結果について、自公、維新など改憲勢力が4分の3を占め、改憲容認の「踏み絵」で選別排除を行い、野党共闘に分断を持ち込んだ勢力の罪は極めて大きいと指摘。
野党共闘の3党は総数で改選議席を増加させたが、十分なものとはいえない。
戦争する国かどうかの二者択一政治が明白になり、安倍暴走政治反対の運動強化が必要と提起。「安倍改憲NO 全国市民アクション」の取り組みを強め、11・3国会包囲大行動を成功させ、反撃に踏み出そうとしている。

総選挙結果で「残念」と連合、参院選へ大きなかたまりへ2017/10/24 10:52


連合は10月23日、総選挙結果について、自公が改憲発議のできる3分2を超える議席を獲得したことは極めて遺憾とし、与党1対野党1にならず自公を利する形となったことは非常に残念と指摘し、多くの惜敗者を生んだことは痛恨の極みとした。
民主党3分裂下で連合は196人を推薦し、96人(希望37、立民38、社民1、無所属20)が当選、今後の政策実現のつながるとしている。
神津会長は96人を核に対応し、2年先行きの参院選へ大きな固まりを作りたいと述べ、前原辞任(分裂は想定内)に関連して連合会長としての責任を問とわれ、「分裂は想定外」と述べた。
市民連合と立民の関係は容認しつつも共産党を含む共闘ではないと否定的な見解を示した。組織内候補は8産別16人のうち、当選は13人にとどまつた。

9j条改憲NO 大学有志の会ブロオク会が発足2017/10/08 22:07


全国の大学有志が10・8、9条改憲NOをめざす全国8ブロックの連絡会を発足する集会を東京で開き、330人が参加した。主催は安保法反対の学者の会で、150大学が参加している。ブロック報告は北大、明治大、名大、京大、高知大など8人が報告。
まとめで佐藤学・学習院大教授は、衆院小選挙区289のうち、わずか1週間で249で野党統一候補が実現し、歴史的転換点で新たな地殻変動が起きていると述べ共闘前進を訴えた。憲法シンポも行われた。

総選挙で安倍打倒2,000人集会2017/10/07 19:53


総選挙で安倍政権打倒を掲げて10・5に日比谷公園で緊急集会が開かれ、全労連・市民など2000人が参加した。主催は「安倍政権NO実行委」。市民連合の山口教授や立憲民主党、共産党、社民党の3党が野党共闘を訴え、銀座デモを行った。

異例の連合大会2017/10/07 19:44


連合の大会が10・4-5煮開かれ、民進党の3分裂から異例の大会となった。来賓に支援政党はゼロ。合流した希望の党の小池代表が9条改憲、戦争法容認で排除し、民進は希望、無所属、立憲民主に3分裂。会長は「遺憾」と批判し、選挙は党ではなく個人支援。5分裂選挙の産別も有る。支援党なくした連合は政策実現へ行動力かカギ。神津、相原新体制の前途は多難だ。パーチーには希望は来なく、6党が参加した

市民連合、希望の党と共闘せず、地方など共闘重視2017/09/30 22:28


市民連合は9・29、安保法を肯定する希望の党との共闘はしないとの見解を発表した。民主党が希望の党との合流で野党共闘の枠組は損なわれたとしつつも、地方を含め立憲主義を守り9条改憲を阻止するため政党、議員、候補者を支援し、共闘再生をまざすとしている。

9条改憲は「不可解」と神津連合会長2017/09/28 16:00


連合の神津会長は9月27日、記者会見で安倍9条改憲について「安全保障法制(戦争法制)について聞く耳もたない形で成立させ、立憲主義と抵触しないといっていたのに、9条3項をなぜ問うのか不可解だ」と、9条改憲に否定的な見解を示した。
産別ではUAゼンセン「国民的議論で方向付けを」と表明。自治労は9条改憲阻止を大会で決めている