カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター

残業規制の誤解と闘うと連合会長2017/04/25 13:17

連合の政策討論集会で「働き方改革」論議,意見は低調。

連合の政策討論集会が4月24~25日に開かれた。働き方改革が焦点。過労死ラインの80時間,100時間の残業規制について、神津会長は労基法70年の大改革であり、第一歩としつつ、建設的声は取り入れるが、誤解ある批判には説明し「悪しき常識を転換させる戦い」と表明。かつて75年の賃下げ「宮田爆弾発言」を想起させた。討論では自動車、鉄鋼などが新商品開発、監視労働などで一律規制でなくの弾力的運用を要望。同一労働同一賃金の意見はなく、共謀罪は提起なし。

沖縄・山城釈放集会・辺野古基地反対3500人集会2017/04/21 17:49


沖縄の山城さんが5ヶ月間も不当勾留され、釈放されたことを期して4月19日、国会で集会が開かれ、500人が参加。山城さんは、基地建設反対のゲート前座り込みスクラムなど4類型の共謀でっちあげで勾留・起訴され、共謀罪法案の危険と廃案を訴えた。山城さんは立ち上がろうと歌も唄い、国会議員会館では珍しい集会となった。
夜、日比谷で辺野古基地建設反対集会が開かれ、3500人が参加し、銀座デモを行った。

市民連合と5野党が安倍政権退陣1200人集会2017/04/14 21:06


安倍退陣へ大集会
市民連合と5野党は4月13日、東京・新宿で衆院選前進へ向け安倍政権退陣の大集会を開き、1200人が参加した。市民連合と4野党は生活、雇用、反原発、安保法廃止など14項目の政策で合意した。共謀罪、森本学園問題など安倍政治の私物化に怒りと打倒の声が響いた。市民が多く、労働組合の参加は少ない。

共謀罪法案阻止集会、スト実施も2017/04/13 13:58


共謀罪法案阻止集会が4月12日、労働弁護団主催で開かれ、230人が参加した。労働運動の弾圧法制阻止へ全港湾、全日建連帯がヤマ場にはストを打つと報告。自治労大分、元国労組合員、京都平和団体、全労連などが法案阻止を述べ、弁護団の宮里会長が労働運動の死命を制する悪法阻止を訴えた。

連合東京が都民ファースト候補支援2017/04/10 14:48


東京都議選で連合東京は小池都知事と関連する都民ファーストの会の公認・推薦を支援する事を決めた。民進離党者も含む。合意書では「連合の進路」尊重と明記。28年前の選別・反共路線で合意とは。

4月10日には民進・長島衆議員が野党共闘に反発して離党し、都民ファーストの会と連携。連合東京、都民ファーストの会、民進はどこへ行くのか。

共謀罪法案阻止へ3700人、スト組合も参加2017/04/07 07:53


共謀罪法案阻止集会が4月6日に開かれ、3700人が参加した。労働組合では全労連系より、自治労、日教組・私鉄など平和ホーラムが多数参加した。
法案阻止へ指名ストを決めた全印総連や言論の自由でスト権確立の出版労連も参加。4野党や総がかり行動もあいさつ。
労働運動・集会弾圧法案阻止へストを含む組合の奮起が求められる。

埼玉・浦和で15区市民の会、野党共闘へ2017/04/02 15:19


埼玉で市民と野党共闘15区市民の会

埼玉・浦和で市民と野党共闘で安保法制廃止・立憲政治回復の市民の会発足総会が4月1日に開かれた。戸田など衆院選で15区に該当し220人が参加した。共産あいさつと社民はメッセージ。市民連合の高田健氏が共謀罪案阻止を含め安倍政権打倒を訴えた。
埼玉では全15選挙区で市民の会が結成され、全国に先駆けた動きとなっている。

違法解雇の金銭解決論争2017/04/01 15:23


違法解雇の金銭解決検討会では、使用者側が「労使対等から使用者の制度利用の申立てもできること」を主張した。これに対し労働側などは「違法解雇の金銭解決が制度化されると、経営者はなんでも解雇できるとのモラルハザードを招く」と強く反論した。3・17の14回検討会の論議だ。

支配従属関係の労使関係で無法解雇の氾濫を許してはならない。

働き方改革実行計画の問題2017/03/31 12:07


政府が3・28にまとめた「働き方改革実行計画」は、生産性向上の文字が多く、非正規、女性、老人、外国人など1億総働きをめざしたものだ。同一労働同一賃金、時間外労働規制も雇用の多様化・流動化と重なる。

政府は「労働法制史上の大改革」と評しているが、労働者保護の労働制から、企業の労働力活用優先の法制に変質されるおそれがある。

反原発3・11、春闘連合、全労連,医療集会2017/03/14 18:22


ブログ

福島原発事故と大震災から6年を迎えた3月11日、国会前で集会が開かれ、8000人が参加し、4野党もあいさつした。原発なくせ、再稼動反対、安倍打倒を訴えた。主催は反原連で、労働組合の参加はすくなかった。


全労連は3・08春闘集会を開き2300人が参加した。小田川議長はスト春闘を訴え、共謀罪反対を提起した。全労協野金沢議長も昨年についであいさつし、共謀罪反対と安倍政権打倒の共闘強化を呼びかけた。


連合は後楽園ホールで3・06に集会を開き、神津会長は賃上げが常識の社会をつくろうと呼びかけた。労働運動の弾圧にもつながる共謀罪構想には触れずじまいだった。もっと敏感であつてもいいのてはなか。


医労連は3・06に初めて「医療・介護労働黒書」を発表し、深刻な人手不足の実態と患者への影響などを明らかにし、人員増、福祉充実の要求を掲げた。