日産ゴーン所得隠し疑惑批判と解雇解決銀座行動2018/12/08 16:10

日産のカルロス・ゴーン前会長の所得隠し疑惑逮捕に関連して、全労連やJMITU、神奈川労連などが抗議と非正規切り解決の行動を展開している。 ゴーン容疑者は09年、グループ全体で2万5000人の人員削減を発表し、期間工・派遣労働者8000人を解雇・雇い止めにしたほか、日産村山工場の閉鎖、関連下請け切り捨てなどを強行した。JMITUに5人が加盟し10年にわたる「非正規切り」争議を闘っている。 全労連の小田川議長は「日本の大企業と大企業本位の政治の劣化とゆがみの現われだ」と厳しく批判した。JMITUも「社会的責任を問う闘い」を呼びかけ、「非正規切り争議をただちに解決し、労働者犠牲の経営を改めよ」と訴える声明を発表。12月6日に東京銀座の日産ギャラリー前で全労連などと争議支援総行動を展開し、約100人が参加。「日産は違法行為を止めろ!」「労働委員会の救済命令を守れ!」などシュプレヒコールをあげた。神奈川労連も日産本社前で争議の全面解決を求めて大企業攻めの抗議行動を展開。無言の連合系組合との違いを見せている。

シャープ亀山で3000人の外国人雇い止めで告発会見2018/12/03 21:17

全国ユニオンとユニオン三重などは三重県のシャープ亀山工場で日本で初めての大量日系外国人労働者3000人の雇い止め問題で12月3日に会見し、外国人労働者への労基法違反と違法派遣を告発し、入管法改改悪反対と権利擁護を訴えた。派遣会社のヒューマンなどだけではなく、就労先のシャープにも解決を迫るという。

参院選で野党統一候補、政策づくりで6党派確認 シンポ2018/11/29 17:39

市民連合は「安倍政権にかわる新しい選択肢」をテーマに11月29日、初めてとなる6党派の幹事長、書記局長との公開シンポジウムを都内で開き、来年の参議選への野党共闘の強化につて合意した。シンポには800人が参加。参院選で野党統一候補が議席の3分の1から過半数を勝ち取るための本気の共闘、勝ちための共闘で論議。立憲民主、国民民主、共産党、社民党、自由党、無所属の会の6党派とも32の1人区での統一候補の擁立と共通政策として改憲阻止、戦争法廃止、立憲民主主義擁護、脱原発、消費税反対、生活用語など大まかな政策内容を確認した。市民連合の山口二郎氏は「参院選で野党統一候補と共通政策を作り、安倍政権退陣へ市民と野党の共闘は前進している」とまとめた。

外国人労働者受け入れ拡大強行採決に抗議集会2018/11/28 16:13

外国人労働者の拡大をめざす法案が衆議院で強行採択された11・27、全労連、全労協などは国会前で緊急抗議行動を開き、180人が駆けつけた。7割が労基法違反であり、現代版奴隷労働をそのままに、法案は業種、人数など事実上の青天井。安倍暴走阻止が訴えられた。

9条こわすなオール埼玉総行動に5野党参加2018/11/28 16:09

「9条こわすな、戦争させないオ-ル埼玉総行動」は11・26、大宮駅前で集会を開き8000人が参加した。市民連合の山口氏は安倍暴走政治に「やりきれなさや欲求不満があるが、野党と市民の共闘で来年の参議選では自民など与党を過半数割れにし、憲法と民主主義を守ろうと呼びかけた。5野党、埼玉弁護士会長、連合埼玉、埼玉全労連なども挨拶した

非雇用就労者で内外交流研究会2018/11/12 14:27

政大学と明示大学研究会の運動ユニオニズム研究会が11・10に開かれ、ウーバーイーツの配達業務の事故も個人事業主として労災の敵洋にならないことを告発。非雇用契約労働の組織化について、既存の組合でなく、新たな組織の運動が重要になっていると国際運輸労連。フランスは法律で団結権、スト権など窓労働3件を認めている。アメリカの「フリランサーズ・ユニオン」(37万人)の活動などが報告された。

築地閉鎖の現場2018/11/12 14:12

築地場内市場は閉鎖され、高さ5メールの囲い塀閉と鍵で立ち入り禁止となっている。小池都知事のゴマカシを告発。外市市場の客も少なくなつている。

憲法記念日に9条改憲阻止1万8000人集会2018/11/05 15:16

憲法記念日の11・3、国会正門などで1・8万人集会ガ開かれた。総がかり行動や5野党などが9条改憲阻止、阿部政権打倒をたが、アピールした。全労連、平和ホームラム、市民などが参加。昨年の4万人と比べ参加者は減少。警察の過剰警備に抗議の声も聞かれた。

残業代ゼロ制度でも安全配慮義務は有る2018/11/05 15:13

残業代ゼロ法の審議会が1031に開かれ、使用者には時間管理がなくなるが、安全配慮義務は有るとされた。24時間、連続40日間労働の規制荷はなろう。発言は経営側は2人のみで、99%は連合など労働側委員が労使員会や労働者の同意問題などを追及した。

外国人労働者問題でシンポ2018/11/05 15:10

外国人労働者の受け入れ拡大政策に対して、最賃違反や7割の労基法違反など現代版奴隷労働是正と共生を掲げたシンポが10・31に開かれた。労働弁護団、連合などの主催で250人が参加した・自民党や5野党など28人の議員も参加、違法除去には事業所だけでなく、発注元の規制や組合の組織化などが訴えられた。